• トップ /
  • 葬儀にかかるお金の相場とは

葬儀にかかる費用と相場

葬儀にかかるお金の相場とは

葬儀には高額な費用が必要

一般的に葬儀にかかる相場は全国平均だと200万円前後かかるといわれています。ただ、これも地域や規模、形式などによって異なってきます。一般的にかかる費用は葬儀一式と寺院、飲食接待です。一式は祭壇や棺、位牌や人件費、遺影写真に寝台車、霊柩車など行うときにかかる基本的なお金です。よくセットとして紹介されていて、基本セットの見積りなどを取ると一式費用という項目で記載されることもありますが、含まれている内容は会社によって異なります。葬儀のお手ごろなプランだと司会進行や運営管理のスタッフの人が含まれてないこともあります。どこまで会社側が行ってくれるのかを先に確認しておかないと、人の手配で慌てることになったり追加で予想以上にお金があっかることもあります。プランに何が含まれていて、追加だとどの程度お金がかかるのかなど依頼する前にしっかりと確認しておくと安心です。飲食接待費は葬儀に参列した人やお手伝いの人への飲食代や香典返しにかかるお金です。飲食代は単価に数量(人数)をかけた金額になるので、来てくれた人の数によって変わってきます。相場も高い地域だと36万円前後、低い地域だと10万円前後とかなり差があります。基本セットに最低限含まれているときもありますが、別に費用がかかることもあります。飲み代などは開けた本数で精算をするので特に変わりやすいです。寺院費用は僧侶への謝礼で、葬儀が終わってからまとめて渡すお布施や御膳料、お車代などがあります。お布施はお礼なので明確に金額は決まってなく、寺や僧侶、戒名の種類によって相場も異なってきます。一般的な戒名だと20万円から30万円程度かかります。

バックナンバー

葬儀の深い情報

↑PAGE TOP