• トップ /
  • 葬儀での僧侶に支払うお金とは

葬儀の僧侶にきてもらう費用

葬儀での僧侶に支払うお金とは

葬儀ではお布施として手渡す

葬儀のときには僧侶に対してお礼として支払うお金をお布施といいます。ただ、実際にお布施の金額はどのぐらい包めばよいのか迷うものです。これは地域やお寺との関係、宗旨宗派により違っていてお布施のお金を僧侶に直接尋ねても失礼ではありません。例えば葬儀のときにお布施はいくらですかと質問しても、金額がないものなのでお布施はお気持ちでとしか答えるしかありませんが、他の人はお布施のお金をどれくらい包まれていますかと質問することで目安を答えることが出来る僧侶もいます。僧侶1人に葬儀での通夜と告別式の2日間の読経を依頼したときのお布施の目安は、関東圏だと20万円から35万円、関西圏では20万前後です。大体15万円から50万円の範囲でお布施を包むことが多いです。地域やお寺との関係性もあるので紹介してくれた会社に相談するとよいです。予算が限られているときは準備できる金額などを明確にしてから事情を説明するとトラブルも防げます。お布施は直接僧侶に手渡します。葬儀の式の前に挨拶するときか、終わってからお礼を伝えるときに渡すのが一般的です。小さなおぼんにお布施とのせて渡したり、袱紗の上にお布施を置いて渡します。このときに本日は宜しくお願いしますや本日、故人のために供養をして頂きありがとうございますなど一言添えた方がよいです。

バックナンバー

葬儀の深い情報

↑PAGE TOP