お布施は葬儀社の費用とは別です

葬儀に掛かるお金は、昔に比べて明朗化し、比較的安くなっていますが、それでもまだまだ高額です。こうした費用を支払うお金は、式当日に用意する必要があるのでしょうか?葬儀社に支払うお金は、式が終了した後、業者さんから請求書が渡され、それを指定の期日までに支払うのが一般的で、式の時に現金で用意して置く必要はありません。しかし、供花を子供一同や孫一同として行う場合、このお金は参列者が供花を行うのと同様に申し込んだ時に現金で支払う必要があります。また親族等で供花をしておいてと依頼された場合にも、立て替え払いする必要があります。また葬儀社に支払う費用とは別に、導師を勤めてもらうお寺さんへのお布施が必要です。お布施は一般的には通夜のお勤めが終わった時に、お寺さんの控室で渡す場合が多い様です。従って、このお布施は通夜当日に袋の入れて用意する必要がありますが、その相場も葬儀社に聞けば教えてくれますし、お布施の袋も用意してくれる所が多く、心配する必要はありません。またお寺さんに渡しタイミングも教えてくれるので、それに従うと良いでしょう。バタバタ準備に追われる中ですが、葬儀社への支払いは後日でOKですが、お布施の費用プラスアルファは通夜前日に現金で準備して置く必要があります。

バックナンバー

葬儀の深い情報

新着情報

↑PAGE TOP